- 内向型・HSP - 繊細さんのちょっとひと休み

繊細な人が生きやすくなりますように

内向型の繊細さを言い換えると

内向型というものを知って

 

自分の心がいつもすぐザワザワしてしまうのは「内向型の持つ繊細さ」ゆえだったんだなと感じています。

 

ただこの「繊細」という言葉のイメージがちょっと悩ましかったので、深堀して考えてみました。

今日はそのお話です。

 

「私、繊細なんです。」

 

自分のことを端的に言うとこうなるのですが、

 

誰かに理解してもらいたいと思った時、

この「繊細」という言葉が引っかかりました。

 

「繊細」と聞いてみなさんはどのような反応をされるでしょうか?

 

良い反応か悪い反応かと言ったら

 

私が思うにその言葉は

 

弱さアピールや傷つきやすさへの言い訳に捉えられてしまいそうな気がして…。

 

もっとこの個性をプラスのイメージが持てる言葉で表せないだろうか?

 

そう考えました。

 

Weblio類語辞典でチェック

 

では「繊細」で検索してみると

 

まず元の意味は

「繊細」

厚さか直径が薄い、

容易に傷つけられるさま

 

などとあります。

ちょっと悲しくなってきました。

 

そして類義語ですが

「細い」「細やか」「柔らかい」「華奢」「精巧」

 

など。

 

うーん、まだ何だか足りない。

もう少し良い単語や言い回しはないだろうか。

 

「繊細」=「感度が高い」

 

そうして考えていて「感度」という言葉に行き着きました。

 

マイナスイメージが減って、"高い"と付くことでプラスイメージに傾いたような?!

 

人より感じ方・受け取り方が「繊細」なのは言い換えると

 

感じ取れる範囲が広い、ということ。

 

つまり「感度が高い」

 

言葉が変わればイメージも変わる

 

これで自分自身に対しても「繊細」というちょっとネガティブ気味なイメージを払拭できるのではないでしょうか。

 

言い換えるって結構大事なスキルかもです。

 

というわけで今日はこの辺りで。

お読みいただきありがとうございました。

なっぴーでした。

 

____________

 

「私、感度が高いんです!」と他人に言うのは何だか気が引けてしまったので、他人に自分を卑下するでも自慢するでもない、よりちょうど良い表現を考え中です。(苦笑)

 

もし良い表現があったら教えてください!