- 内向型・HSP - 繊細さんのちょっとひと休み

繊細な人が生きやすくなりますように

ちゃんとお金使えてる?


f:id:imptan:20190817233720j:image

内向型の中でも私はけっこうな慎重派だと感じていて、

お金に関しては特にシビアです。

 

お金を払うまで慎重に慎重に考えます。

 

だから貯金は比較的得意なんですが、

この大原則を忘れていました。

 

お金は使うためにある

 

使う目的のために貯金ならよいのですが、ただ漠然とした不安から何となく貯めてしまっていました。

 

10円20円の違いでケチケチけちっても、その先に使用目的がなければ本末転倒かもしれません。

 

払って失敗したと後悔したくなくて

 

お金を使う時にひとつ私の頭を過ぎるのが

 

" せっかく自分のお金で払ったのにもし満足いくモノやコトでなかったら嫌だ! "

 

そうして絶対に失敗しないよう慎重に品定めをするのがいつものパターン。

 

人生で換算するとそこに恐らく膨大な時間をかけてきています。

 

勉強代という考え方もある

 

たまに品定めに時間をかけ過ぎる自分が馬鹿らしく感じることもあり、

 

考え方を少し変えた方がよいなと思いました。

 

仮にお金を払った対象が満足いかないものだったら

私はひどく落ち込みますが

 

逆にお金を払って得ることができた勉強代ということになります。

 

自分のお金を出費するからこそ、" 次はここに気をつけて判断しよう " と心に強く刻まれますよね。

 

お金を払った先にどんな気分の自分がいる?

 

もうひとつの考え方として

 

判断に迷う時は、

 

" そのモノやコトを手に入れたら自分はどんな気分になれるだろう? "

 

そんな観点が大事そうです。

 

例えば、、

 

このカフェのランチプレートはとても美味しそうだけど〇〇円もする、

さてどうしようか?

 

こんな時

そのランチプレートを食べた後の自分を想像します。

 

めったにない贅沢な気分を堪能できてルンルン、そのあとの仕事も捗りそうだ!

 

と思えたらきっと払う価値があると思います。

 

逆にもし

そこまでお腹が空いていないのに見た目につられて無理して注文してしまった、おかげでちゃんと味わえずもったいない気分だ…

 

そんな風に思えるなら今回はやめておいた方がよいですね。

 

生涯を通してお金の使い方を勉強する

 

自分の本当にためになるお金の使い方は一朝一夕では身につかないかもしれません。

 

でもちゃんと失敗を通りながら勉強していけばちょっとずつ身につくのではないでしょうか。

 

私もしっかり実践で勉強します!

 

さて、ということで今日はここまでといたします。

最後までまでお読みいただきありがとうございました。

なっぴーでした〜。