- 内向型・HSP - 繊細さんのちょっとひと休み

繊細な人が生きやすくなりますように

旅行に行きたくてもなかなか行けない時の一つの案

f:id:imptan:20191023224451j:image


旅行は普段と異なった景色や空気に触れて非日常を体験することでリフレッシュできると言われますよね。

 

ただ遠出をするとなると、ちょっと準備が億劫になったり、なかなかまとまった時間が取れなかったりして、

行きたくてもなかなか行けないということもあるのではないでしょうか。

 

でもそんな時でも、旅行と似たような効果を得られるとしたら?

 

旅行資金を用意したり、ツアーに申し込んだり、荷物の準備をしたりしなくても

意外と身近で旅行気分を味わうことできるんです。

 

びっくりするかもしれませんが、それは近所の散策です。

 

ということで今日はプチ旅行気分を味わう散策についてです。

 

リフレッシュしたい方は是非記事を読んで試してみてください。

 

 

いつもと同じ道を逆に行ってみよう

 

近所であっても、意外と通ったことのない道があると思うんです。

 

ちっちゃい頃からずっと住んでいる土地ならある程度把握しているとは思いますが、

移り住んだ土地だと、毎日の通勤通学に使う道以外は案外知らないものです。

 

普段通らない道を通るとたとえそこに特別なものがなかったとしても

近所であるのになんだかとても新鮮な空気を感じることができると思います。

 

このお家の外壁面白い色をしているなぁとか、表札がとても珍しい苗字で驚いたり。

 

この時できれば行動範囲を広げられるよう、自転車がオススメです。

( 徒歩だと戻るのが面倒くさくなって、あまり遠くまで足が向かなくなってしまうので。( ^_^ ;))

 

何もないと思っていた場所に新たにお店を発見した時の感動

 

こうして散策していると、住宅街の中にも実はカフェがポツンとあったり、コインランドリーを発見したり。

 

「おっこんなところにあったんだ、全然気づかなかったなぁ〜」

 

こんな具合に

新しいものを発見してなんだかちょっと嬉しくなります。

 

そして、近所の魅力を再発見して、よりその地域に愛着が持てるようにもなりますね!

 

実はこんなメリットも

 

そして、目的なく近所を散策するのには意外なメリットがあります。

 

それは土地勘がついて、災害時に普段使っている道が通れなくなった時に、この散策で知った道たちが役に立つかもしれないということです。

 

地図が使えない状況の時、土地勘があると心強いですもんね。

 

最近はやっていないのですが、以前は電車の定期券範囲内の降りたことのない駅で降りて、とりあえず駅周辺を散策する、というのもたまにやっていました。

 

定期券をフル活用しないと、もったいないという精神です(笑)

 

 

さて、ということで

すぐに旅行に行けないという方も、まずはぜひ近所の散策からはじめてみるのがおすすめというお話でした。

 

参考になったら嬉しいです。

 

それでは、本日はこの辺りで。

なっぴーでした。m(_ _)m