- 内向型・HSPのための - 繊細さんのちょっとひと休み

内向型が社会で活かせる強みとは

f:id:imptan:20191201000832j:image


内向型…HSPにとって

多くの物事が外向型基準で成り立っている社会では学校でも仕事でも苦労されることが多いと思います。

 

そんな中で活かせる自分の強みなんてあるのだろうか……。

 

そう思い悩むこともありますよね。

 

でも、気づきました。ちゃんとあります。

きっと多くの内向型・HSPさんが当てはまるのではないかと思います。

 

社会で活かせる強みを知ったら、明日の自分はちょっと自信が持てるかもしれません!

 

では見ていきましょう。

 

 

嫌だから自然にやっていること

 

きっと皆さん、自然とやっていることだと思うんです。

 

何かわからないことがあった時、人に聞いたり

何か困ったことがあった時、人を頼ったり

 

するのはすごく抵抗がありますよね。

 

「聞くくらいなら」「頼るくらいなら」自分でなんとしても解決しよう。

 

そう考えて行動して、1人で何とかしてしまうこと多くないですか(゚O゚)

 

これはつまり、「リサーチ力」「自己解決能力」が高いということです!!

 

めちゃめちゃ調べる人

 

目の前の問題解決にあたり

聞いたり頼ったりするのが嫌な一心で

必要な情報を相当調べまくりますよね。

 

検索ワードを変えて何度も再検索したり、検索中にわからない内容が出てきたら、またそれについて調べたり。

 

こうして人よりも深い知識がどんどん蓄積されていきます。

 

この丹念で入念な調べのおかげで

やり方・手順がわかり自分ひとりで何とかなったという経験も多いのではないでしょうか。

 

まぁ、人に聞いたより頼ったりしてしまった方が問題があっという間に解決している可能性もあるのですが…(^-^;💦

 

自分ひとりで戦わなければいけない時に大いに役立つ能力です!

 

活かせる分野

 

では、こうした能力を社会で活かそうと考えた時、まず思いついたのはマーケティングです。

 

マーケティングは市場の動向を調べそこから戦略を練っていくのですが、

調べ方が浅かったり、中途半端だと当然そこから練られる戦略も的外れになってしまいます。

 

こんな時、内向型・HSPの持つリサーチ力がきっと役立つと思います。

 

活かせる場面

 

また、普段から自分ひとりで問題解決してしまうことが多いですが、

 

こうして得た知識を周りにシェアするというのは、どうでしょう。

 

きっとそんなことまで知っているの?!と、周りに驚かれると思います。

 

そしてそれは大したことでなくても大丈夫です。

 

例えば、

いつもみんなで利用しているソフトの効率的な入力の仕方を、「ここ先に入れておくと楽ですよー」なんて具合にシェアする。

 

そうしているうちに、だんだん一目置かれるようになり、周りからの信頼度も上がっていきそうですね⤴︎

 

不利だけど、不利じゃない

 

外向型社会で肩身の狭い私達は、生きていくのに不利なことばかりじゃないかと、

時に悲観してしまうこともあるのではないでしょうか。

 

私もあります。

 

でも、今日見てきたように私達にも活かせるものがあります。

 

積極的にその能力を使って幸せになりましょう。

 

読んでくださった方が今日の記事でちょっぴり自信が上がった!となったら嬉しいです。

 

では

お読みいただきありがとうございました!

なっぴーでしたm(_ _)m