- 内向型・HSPのための - 繊細さんのちょっとひと休み

自分の充電環境

f:id:imptan:20200106214454j:image


こんなツイートをしたんですが週末こうなることが結構あるのですよね(~_~;)

 

外界からの刺激を敏感に捉える内向型・HSPの人はよくあることなのかも。

 

その時はもう本当にこちらの記事でも書いたようにとことん何もせず横になることをおすすめしますが、

 

せっかくならその1日がかりのおこもり充電をより効果的にすべく

 

4つのポイントをおさえていきましょう*・'( ˙-˙ )'・*

 

 

 

 

その1〜 最適な湿度、室温で 〜

 

おこもりする場の環境が悪ければ、充電効率もきっと悪くなります。

 

なので、空気が乾燥しているようであれば、加湿器を使用し喉がイガイガにならないよう配慮します。

 

そして、室温も快適でなければ体にストレスがかかってしまうのでやせ我慢せず空調をうまく使うことが大切です。

 

ただし1日部屋を締め切ると、空気が濁ってきますから合間にちゃんとドアを開けて換気したいところですね。

 

その2〜着心地の良い部屋着で〜

 

心身ともにリラックスするには、身に着けている衣服も重要です。

 

肌触りが優しいもので、少し身体にゆとりがあるものだと着用時のストレスが少なくリラックスできます♪

 

洗い替えとしてこうした部屋着を何セットか用意しておくとバッチリです◎

 

その3〜食料備蓄〜

 

安心しておこもりするには家にちゃんと食料をストックしておくことがとても大事です。

 

あっ、水を切らしてる!とか、昼食に食べるものがない!となるとわざわざ外界に出て食料を調達しなければなりません。

 

外界で動きすぎて疲れたから休んでいるのに、食事のためにまた外界に出なきゃいけないのはしんどいです(*´`)

 

なので、日頃から食料は多めに家にストックしておきましょう!

 

その4〜BGMを活用〜

 

無音で過ごしているとマイナスのことを考えがちです(´-`).。oO()

 

かと言って騒がしいのも心休まりません。

 

そこでおすすめは、ラジオを小音で流しておくことです。

 

テレビと違い、ラジオというのはぼんやり聴き流すことができるので、良いBGMになります。

 

私だけかもしれませんが、

無音で家にこもりっきりでいると完全に社会から隔絶され置いてかれてる感があり、焦燥感が沸き立つことがあるので、

 

そういった意味でもラジオつけていると何となく社会との接点が持てている気がしてちょっと安心するんですよね。

 

ということで

今日は「自分を充電するためにガッツリ休むぞ」という日の環境を充実させるべく4つのポイントを紹介しました!

 

誰かの参考になったら嬉しいです。

 

では、本日はこの辺で。

なっぴーでした。