- 内向型・HSPのための - 繊細さんのちょっとひと休み

敏感だからこそ2月は体調管理

f:id:imptan:20200212195842j:image


2月に入りましたね。

私としては2月こそ体調管理によりいっそう気を使うべき時だと思うんです!

 

なぜなら

 

2月は寒さがピークを迎え、厳しい環境になるから。

 

毎年2月の自分はどうだったでしょう…?

この時期風邪をひいたりして寝込んだ記憶はないでしょうか(><)

 

今日はそんな2月、体調管理で気を付けたいポイントについてです!

 

 

寒さと花粉のダブルパンチ

 

日本気象協会のサイトでも2月の寒さに対して体調管理の徹底を呼びかけています。

 

おまけにこの時期からもう花粉が飛び始めるため、敏感な方はすでに鼻のムズムズが始まっていると思います。

先日私は早速薬局で花粉症の薬をまとめ買いしました(^^;)

 

内向型・HSPさんは五感が敏感とも聞きますのでこういう環境変化に人よりいち早く反応しているかもしれません。

 

体力を奪う寒暖差

 

外が寒くなればなるほど室内との寒暖差が大きくなります。

 

温度変化が激しいとそれだけ体も体温調整に大忙し!!

 

これはかなり体に負荷がかかっています。

 

室内でもトイレに行こうと廊下に出たら屋内並みに寒かったりしますよね…Σ(゚Д゚

 

体調管理のために

 

そこで少しでも体調調整を手助けするために気を付けたい点がこちらです。

 

・ストールや耳あて、手袋、ニット帽などの防寒小物を適宜着用する

・室内でのぼせないよう、分厚いニット1枚に頼るのではなく薄手のタートルネックにカーディガンやベストなどの重ね着スタイルで暑くなったら脱げるコーディネートにする

・カイロや冷却シートをストックしておき、不調の際は臨機応変に対応できるよう、準備しておく

 

厳しい寒さの2月ですが上記ポイントを意識して無事に春を迎えたいですね(*´`)

 

ということで2月の体調管理についてでした。

では、本日はこの辺りで!

なっぴーでした。

 

≫≫本音を言えば寒い時期はずっと冬眠していたいです(笑)!