- 内向型・HSPのための - 繊細さんのちょっとひと休み

お家で気分チェンジする方法


f:id:imptan:20200213001756j:image


鬱屈とした気分を変えたい時、気晴らしに旅に出るというのは真っ先に思い浮かぶ方法の一つですが、あれこれ心配事が先に浮かんでしまう私のような人にはちょっとハードルが高いですよね。

 

でも、家にいながら気分を変える方法もないわけではありません。

 

今日は私がやってよかったなぁと実際に感じた、その方法を書いてみたいと思います♪

 

よかったら参考にしてみてくださいm(_ _)m

 

 

目から気分

 

私が思うに、視覚からの情報というのは気分に大きく影響を与えていると思います。

 

毎日毎日目にしている、自宅の生活空間。

 

その中でも大きな面積を占めているものといえば、「壁」「床」「窓」!!

 

普段大して意識することはないかもしれませんが絶対たくさん目にしている部分でもあります。

 

なので、この部分に何か手を加えてあげればそれを目にした自分の気分も変わるのではないでしょうか?!

 

ということで、一つずつ見ていきます!

 

 

今は百均で、百均とは思えない精度のフェイクグリーンがたくさん販売されています(๑¯﹀¯๑)

 

これをよく見える壁の空間に突っ張り棒やプッシュピンを使って取り付けます。

 

大きめのものを1つ、2つ取り付けただけでかなり部屋の印象が変わるはずです!

 

家具のフチにひっかけたりするのもいいですね。

 

なんだかどこぞの洒落たカフェのような錯覚がします(笑)

 

 

床も生活空間の中で大きな面積を占めていますね。

 

この床の色合いというのはかなり潜在意識に影響しているのではないでしょうか。

 

気分を変えたいのなら、ラグを新調するのも手です。

 

また、お手軽なのは一枚一枚貼り剥がし可能なタイルカーペット。

 

2色組み合わせたり、季節によって張り替えるのもいいと思います。

 

 

窓は目の前一面にドンと鎮座している訳ですから、毎日何度も視界に入っているはずです。

 

さすがに窓自体を取っ替えるわけにはいきませんので、カーテンの方を変えてみます。

 

実際、色や生地感によって本当に印象がガラッと変わります。

 

私はこだわりが強い方なので、ベストな色合いのカーテンを見つけるのに結構苦労しましたが、そのカーテンを取り付けただけでお部屋がパ〜っと明るくなってかなりルンルン気分になれました(笑)

 

お金をかけてでも買い換える価値は十分あると思います。

 

もし今のカーテンがしっくりきていないという方はぜひ(*´`)

 

ということで、旅行に行かず、家にいながら気分を変える方法は「壁」「床」「窓」の3点のアレンジです。

 

まずはどこか1点、1番普段目に入る部分から試してみるのがオススメです♪

 

では、本日はこの辺りで。

なっぴーでしたm(_ _)m