- 内向型・HSPのための - 繊細さんのちょっとひと休み

なぜか定時を過ぎて残業してしまう人に

「今日こそは残業せずに早く帰るぞ!」と、朝は意気込んでいたのに、気付けばいつの間にか定時を過ぎて残業してしまっているということはないでしょうか…?

 

メリハリをつけて働きたいと思っているのに、なぜかいつもズルズルと残業してしまう、そんな人はこれから紹介する2つのポイントを意識するといいと思います。

 

私はこれを実践して普段1日8時間労働のところを8時間5分程度に収められています(*¨*)

 

ではその2つのポイントです!

 

1.終業時間の30分~1時間前にはメールやチャットを閉じて見るのをやめる

2.終業時間の5分〜10分前には荷支度を始める

 

詳しく見ていきます(^.^)

 

1.終業時間の30分~1時間前にはメールやチャットを閉じて見るのをやめる

 

もうすぐ今日の仕事も終わるというタイミングでメールやチャットを見るのはオススメしません。

 

人間目の前にやるべきことが残っていると、今日中になんとか片付けてしまいたいと思ってしまうものです。

 

たとえそれが、急ぎの案件でなくても。

 

だからこそ、終了時間の30分〜1時間前にはメールやチャットの画面を閉じてしまうのがオススメです。

 

本当に大至急の案件がある場合は、メールやチャットでなく、直接言いに来られたり電話で連絡が来るはずですから案外心配いりません。

 

2.終業時間の5分〜10分前には荷支度を始める

 

当たり前と言えば当たり前ですが、終業時間になってから荷支度を整えるのでは、当然終業時間を過ぎてしまいます。

 

(ここは職場によって規定の問題もあるかもしれませんが…)(; ゚゚)

 

もし可能な環境であれば、終業時間を迎える前に荷支度を整え、トイレを済ませ、帰る準備を万端にしておけるといいですね!

 

これは周りに対してもアピールになります。

 

何のアピールかというと、

「私は定時を過ぎてだらだら残業する気はありません。時間を守りスパッと帰ります。」

 

こういった意思表明です。

 

そうすると、周りから帰る間際に理不尽に仕事を振られることも減ってきます。

 

もう帰りますよ、オーラを出している人に今から仕事は振りづらいですものね。

 

逆にいつも残業している姿を周りに見せていると、終業時間を過ぎても平気で仕事を振られるようになりかねません(><)

 

気をつけたいですね。

 

ということで、なぜかいつも定時を過ぎてズルズル残業してしまうという人は

 

1.終業時間の30分~1時間前にはメールやチャットを閉じて見るのをやめる

2.終業時間の5分〜10分前には荷支度を始める

 

この2つのポイントを意識するといいと思います!

 

ではでは参考になれば幸いです。

なっぴーでしたm(_ _)m

 

〜〜〜

 

「一分一秒でも早く家に帰ってダラダラしたい」というのが私の本望です…!