- 内向型・HSP - 繊細さんのちょっとひと休み

繊細な人が生きやすくなりますように

誘うのが苦手な人は意外と多いらしい

自分から人を誘うのが苦手な人が意外にも多いのではないか?と感じています。

 

このブログは2019年4月からはじめて2年が経ちますが、

 

その中でも今までずっと、アクセスが高いのはこの記事です。

 

毎月この記事がよく検索されています。

 

ブログにはほかのテーマの記事もたくさんあるのですが、これが断トツなんです。

 

自分意外にもたくさん悩んでいる仲間がいるんだな、と感じました。

 

今回は以前の記事と併せ、自分から誘うのが苦手な人が少しでも誰かを誘いやすくなるようなポイントを追加で書いてみたいと思います。

 

短いので最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

────────────

 

自己肯定感が低く、自分に自信がないと、

「自分なんかが誘っても迷惑なんじゃ?」

と不安になってしまったり

 

断られた時のことばかり想像して

「断られたらどうしよう、、」

と不安になることってないでしょうか。

 

それにやっぱり、きっかけがないと、誘いづらいですよね。

 

そういう時は

相手が以前に話していた内容を必死に思い出すんです。

 

" そういえば、〜に興味があると言っていた!

〜のニュースがないか探してみよう! "

 

 

私もこの作戦で成功したことがあります。

 

友達が好きだと言っていたアーティストさんのイベントがあると知り、それを友達に伝えました。

 

「この間聞いたんだけど、〜のイベントがあるんだってー!」

 

こんな具合で連絡してみたんです。

イベント自体は残念ながら遠方のため行くのが厳しかったのですが、会話の流れから、

 

「そういえばしばらく会ってないし、今度お茶したいね!」

 

という話になりました!

 

 

いきなり「今度遊ぼう!」だと緊張して連絡ができなくても、この方法なら割と連絡も取りやすいのではないでしょうか。

 

友達としては、自分が好きだと言っていたものを覚えてもらえていたのは嬉しいだろうし、わざわざその情報を教えてくれたのも嬉しいと思います。

 

 

────────────

ということで、誘いやすくなるポイントは

相手が興味のある情報を知らせること

────────────

 

 

誘うことにフォーカスするのではなく、相手に喜んでもらうことを第一に考えれば、例えすぐに誘うことに繋がらなくてもより良い関係を築くことに繋がると思うんです。

 

 

今回の記事が少しでも参考になったら嬉しいです。

 

 

以前の記事はこちらから読めます。

 

 

それではまた!