- 内向型・HSP - 繊細さんのちょっとひと休み

繊細な人が生きやすくなりますように

ゆっくり屋さんの棚からぼたもち

じっくり考え込んで慎重に物事を進めるワタシ。

 

学校の授業、とりわけ図工や美術の時間は、自分のこだわりと反して毎回時間切れ。

 

未完成のまま提出せざるを得ないというのが常でした。

 

 

そんな経験みなさんはあったでしょうか?

 

 

何で周りのみんなはあんなに早く仕上げられるのか、ワタシは不思議でなりませんでした。

 

そんなゆっくり屋さんは、仲間に置いていかれる感覚や悔しさを感じる機会が多く、一見損しているようにも思えます。

 

でも、このゆっくりで時間切れが功を奏する、棚からぼたもち的なことが昔起こったんです。

 

ゆっくりでも悪くないと言えるよう、その時のことを思い出したいと思います。

 

 

──────

 

 

小学校の図工の時間でした。

 

課題は粘土で花瓶のような焼き物を作るというもの。

 

どんなデザインにしようか、そこからして悩んで時間がかかった記憶があります。

 

制作を始めてからも、細かな部分が気になって、手直ししながら進めるため、完成までなかなか辿り着きません。

 

提出時間が迫り、最後焦って先生に提出したのですが、焦ったせいで何と縁の処理を完全に忘れていました。

 

ただ、先生に提出した手前、恥ずかしがりなところもあり、まだ完成していませんでしたとは言えず、結局縁は未処理のまま焼かれることに…。

 

 

ただそれが功を奏したんです!!

 

縁の形がギザギザで斬新だということで、学年の展覧会出展作に選ばれました!

 

完全に意図しない出来事でした。

何という棚からぼたもち。

 

 

ゆっくりで時間がかかるけれど、悪いことばかりでないな、と思えた出来事でした(^.^)