- 内向型・HSP - 繊細さんのちょっとひと休み

繊細な人が生きやすくなりますように

内向的だけれど意外な一面もある

静かで敏感で慎重な、The内向型な人でも趣味嗜好の全てがそういう傾向というわけではないのは、意外でしょうか?

 

私は周りの人と親しくなってきて自分の趣味嗜好が知られると、決まって「え、意外!」と言われます。

 

そして相手の言い方にもよりますが、何度も何度も「え、意外!」と言われていると、少しだけ心がピリつくという現象が起きます。

 

あまり共感してもらえないかもしれないですが、ひょっとしたら共感してくれる人もいるかもしれないとの一抹の希望から今回の記事を書きたいと思います。

 

 

 

 

イメージとのギャップ

みなさんはどうでしょう、周囲が抱くイメージとギャップはあるでしょうか?

 

私は普段の話し方もゆっくりだし、よほど親しくなった相手の前以外では大声ではしゃいだりもしません。

 

小動物のようだとよく言われます。

 

 

ところが、

 

音楽の趣味は周囲が抱く私のイメージと乖離していて、バラードやラブソングより、テンポの速いロックが好きです。

 

髪色も大人しいと言われるイメージとは裏腹にかなり明るめにしています。

 

染めていった日は驚かれました。

「意外とやりますね〜!」みたいな。

 

 

 

内向的なら内向的らしく?

こうした周囲が私に抱くイメージと、実際の趣味嗜好にギャップがあることから、よく驚かれるのですが、どうもいい気分ではありませんでした。

 

なぜなのだろう?

 

ギャップに驚かれたからといってそこまで気にすることはないのに、一瞬心がピリつくのはなぜなのだろう?

 

 

考えていたら、ようやく検討がつきました。

 

 

 

相手に私という人間を決めつけられるのが嫌だったんです。

 

内向的ということはきっとこんな趣味嗜好の人間だろうと、はなから決めつけて、それが外れたら「え、意外!」と勝手につくった期待に破れ驚く、その様子が見ていて嫌だったのだな、と思います。

 

たぶん、内向的うんぬんでなく、そのままの私を見て受け入れてほしかったのですよね。

 

内向的な部分もそうでない部分も丸ごと。

 

 

 

人の振り見て我が振り直せ

ただ、気をつけないと私も外向的な人はこうだと決めつけて色眼鏡で見ていることがあるかもしれません。

 

普段からできるだけ、自分が色眼鏡をかけていないか意識して相手と向き合いたいなと思いました。

 

イメージだけではわからない、その人を構成するあらゆる要素があるはずです。

 

それをひとつひとつ解明していくのも人間関係の醍醐味ですね。