- 内向型・HSP - 繊細さんのちょっとひと休み

繊細な人が生きやすくなりますように

私は今から現実逃避します、と自分に宣言する

f:id:imptan:20210721212035j:image


「現実逃避ばかりしていられない」

 

そう思ってもつらいことや悲しいことがあるとやっぱり現実逃避してしまうのが人間。

 

私は現実逃避自体は悪いことではないと思います。

 

現実逃避を際限なく続けてしまうことこそが避けるべきことなんじゃないでしょうか。

 

ということで今回は、人生と切っても切り離せない「現実逃避」との付き合い方について考えました。

 

 

 

 

 

私は今から現実逃避します、と自分に宣言する

「あーつらい!悲しい!」

そういう時、私の手はついついゲームやYouTubeに伸びています。

 

ここでただ気持ちに任せてゲームやYouTubeを始めてしまうといつの間にか、とんでもなく時間が経ってしまうことがざらにあります。

 

みなさんもそんな経験あるのではないでしょうか。

 

だからこそ私は自分に宣言するのです。

「私は今から現実逃避します」と。

 

 

自覚してやるということ

きちんと宣言することで、現実逃避している自覚が生まれます。

 

宣言してからやり始めると、しばらくしてもう一人の自分が言うんです。

「もう、充分現実逃避したんじゃないの?そろそろ戻ろう?」と。

 

こうして私は再び現実に戻ってくるのです。

 

 

現実逃避は現実と向き合うための猶予を与えてくれる

現実逃避という言葉には悪いイメージがつきますが、はじめにも書いた通り私はこれを悪だとは思いません。

 

すぐには向き合うことのできない問題に対して、現実逃避は気持ちの準備をする猶予を与えてくれます。

 

避けるべきは、気持ちの準備がもうできているはずなのに、そのままずるずると現実逃避の沼にハマって抜け出せなくなってしまうこと。

 

これを予防してくれるのが、先ほど書いた自分への現実逃避宣言なんです。

 

 

宣言してみよう

ゲームやYouTubeなど、つい手が伸びそうになったらまずは自分に宣言してみる。

「私は今から現実逃避します」と。

 

そうして自覚して始めることが、いざ現実に戻って来る際の手助けになるはずです。

 

メリハリをつけて現実逃避することで、現実と向き合う活力が生まれますように。