- 内向型・HSP - 繊細さんのちょっとひと休み

繊細な人が生きやすくなりますように

人見知りが貢献できる時

人見知りだとデメリットばかりかというと、そうでもないと思います。

 

人見知りは人見知りの人の気持ちがわかる。

 

これは結構大切なことだと思います。

 

人見知りなりの苦労や悩み、これはやっぱり人見知りの人でないと同じ目線で理解できません。

 

人見知りで自信をなくしている人にこの記事が少しでも参考になればと思います。

 

 

──────

 

 

私は人見知りなのに、何年も接客販売業をしていたのですが、そこで人見知りを生かした工夫を思いつきました。

 

 

お店の商品の中にはたまに、見本のみを展示していて実際に買う時は店員さんに声をかける必要がある商品があります。

 

見本しか出ていないのは、サイズの都合だったり、安全上の都合だったりいろいろですが、人見知りにとってこの店員さんに声をかけるというのがいかんせんハードルが高い。

 

忙しそうな店員さんにどう声をかけようか緊張でドキドキです。

 

終いには欲しかったのに、諦めて帰ることさえあります。

 

 

そこで私は人見知りの人でもなるべくスムーズに買い物ができるように、見本商品のそばに購入希望カードを置くことにしました。

 

これをレジに持っていけば、うまく話せなくても店員さんが在庫を用意してくれるというものです。

 

 

こういった工夫は人見知りでないときっと考えつかないものではないでしょうか?

 

自分自身が人見知りで苦労する分、同じような人たちに配慮ができるようになります。

 

人見知りは人見知りのために役に立つことができるんです。

 

短所と思っていたところが、こうして役立つこともあるんです。

 

 

──────

 

 

ということで、この記事が人見知りで悩んでいる人の気持ちを少しでも軽くできたら嬉しいです。

 

 

それではまた!