- 内向型・HSP - 繊細さんのちょっとひと休み

繊細な人が生きやすくなりますように

内向型人間、会議での葛藤

f:id:imptan:20211111185539j:image


仕事をしていると避けて通れないもののひとつが会議。

 

これは内向型やHSPにとって大きな試練なんじゃないでしょうか?

 

どうしてこんなに会議を苦手と感じてしまうのか、改めて深ぼりして考えてみました。

 

主に以下のような原因があると思います。

 

1.「リアルタイムに飛び交う情報の多さ」

2.「即座に考えをまとめ発言せねばというプレッシャー」

3.「発言のタイミングを見計らう難しさ」

4.「時間内に話がまとまるのかという不安」

 

 

じっくり慎重がモットーな内向型やHSPには、こうした即興性が高い会議という場はめちゃくちゃ相性が悪い!泣

 

とりわけ4.「時間内に話がまとまるのかという不安」はどうも、ほかの周りの人達はあんまり気にしてなさそうなんですよね…。

 

でも、こちらは正直気が気じゃありません。

 

内心では

 

「みんな雑談で盛り上がって本題から脱線しているけど、このペースじゃ今日の議題全て終わらないんじゃないか?」

 

「あと10分しかないのに、まだ議題の半分までしかいってないけど…。」

 

「今日は5人発表があるのに、前半の3人が時間使いすぎちゃってるよなあ、これ。」

 

そんな風にモヤモヤモヤモヤ( ˘•ω•˘ ).。oஇ 

 

だからといって、司会進行を任されている訳ではない自分が、いきなりでしゃばって仕切る勇気も、そのタイミングも掴めずに、結局何も言えずにモヤモヤが募るばかり。

 

気苦労が絶えません…。

 

そんな中で周りは終了時間なんて気にせずに話している。

 

ぁあなんてもどかしいんだ!

 

そんな気持ちでいつもいっぱいです。

 

皆さんはそんなことありませんか?

 

 

 

そこまで気になるなら周りに声をかければいいのに、という声も聞こえてきそうですが、そんな単純な話ではないんです…。

 

それにはものすごい勇気、精神力を使うんですよ。

 

誰かわかってくれる人いるかなあ。

 

 

 

そんな私にできることといえば、自分に発言の順番が回ってきた際は、時間配分を意識して喋る分量を調整するということくらいです。

 

いっそタイムキーパーを任されてしまった方が、緊張はするけどまだ気が楽ですね。

 

内向型やHSPに会議のタイムキーパーは結構適任なのではないでしょうか。

 

と、会議をする度そんなことを考えるのでした。

 

 

 

それでは、本日もありがとうございました。